戸塚ものづくり自慢展の可能性

2月24日、25日に開催された戸塚泉栄工業会主催の戸塚ものづくり自慢展に今年は実行委員側として参加してきました。「今年は」と書いたけど実はこの戸塚ものづくり自慢展、何をやるのかは話や資料で把握していたものの、見たことが無かったので実質どんなことをやっているのか、誰が参加しているのかは当日の現場を見るまでは全く見当もつきませんでした。

戸塚ものづくり自慢展でのCane

実行委員として初めての参加にも関わらず、オープニング式典で話す機会をもらえたり、あとで触れますがメディアブースというコンテンツを企画させてもらえたりと提案を受け入れてくれたのはとてもありがたいことでした。

ここで戸塚泉栄工業会に少し触れておくと、社団法人横浜市工業会連合会に所属する地域工業会で、戸塚区、泉区、栄区を中心に92社で構成する個性と活気ある団体です。と公式サイトに書かれている通り戸塚、泉、栄の事業者を今一番数多く集めることができるビジネスコミュニティです。

でもちょっと待てよ?Caneってコンテンツ制作が事業だし、会社として自動車の鈑金塗装やってる事業もあるけど「工業会」に何で入れるの?と通常思いますよね?戸塚泉栄工業会の面白いところは、製造業を主としてその他の業種を含め、戸塚区、泉区、栄区内又は隣接する


地域に事業所を有する法人または個人、もしくは、これらの地域に所在する団体で、本会の目的に賛同する方であれば、どなたでも入会資格があります。という所なんです。戸塚泉栄工業会は「モノづくりからヒトづくりそしてマチづくりへとつなげていく」というスローガンを掲げていて会の中に地域活性委員という委員会も設置されているんです。この地域活性委員があったからCaneとしても「工業会に入ろう」ということになったんですねー。もうひとつの戸塚泉栄工業会の魅力はビジネス交流会の集客力のパワーです。恐らく今や戸塚周辺では一番人数が集まるビジネス交流会を開催していると思います。とにかく戸塚泉栄工業会の交流会に参加すると会いたい人に会えるというのがありCaneも参加してきました。

ものづくりへの挑戦のための展示会のはずが

今最もパワーがあるであろう戸塚泉栄工業会が戸塚区と組んで開催しているのが戸塚ものづくり自慢展なんです。工業会と銘打っているからにはもちろんものづくりに特化した展示会を開催して良いんですけど「理科離れ」や「もの離れ」が進んでいる昨今、ものづくりの展示会に魅力を感じる人は正直少ないですし興味や関心も持ってもらえない部分があるんだろうなと考えていました。現に私も戸塚ものづくり自慢展があることは把握していたけど、足を運んだことは無かったし今回運営側に携わらなかったら今回も...

ものづくり自慢展はものづくりを行っている会社が地域の市民や異業種の方にうちの会社はこんなの作ってるんだよ、こんなものも作れるんだ。というアピールをしてそれを見に来た市民が「戸塚にこんなの作ってる会社があるなんて知らなかった」というリアクションをもらう。そのリアクションを出展側は「今回も新たな人にうちのものづくりを知ってもらえたな」となって明日からのものづくりへの挑戦のモチベーションにしていく。こんなイメージを描いていたんです。そのためには多くの市民に足を運んでもらいたいし、会場(場所)としても戸塚駅から直結の区役所の入っているビルで開催できるんだからもうちょっと市民に歩み寄ったりもうちょっとコンテンツ部分を何とかすれば風向きが変わるんじゃないかと地域活性委員の中で話をしたところ「何か良いアイディアある?」と問われたんです。

Caneだからこそ手伝える部分

もちろんCaneはアイディアが商品ですから、可能ですと答えて。既にこうした方が良いだろうなーと考えていたアイディアをいくつか提示してみると「それ良いね」というコンテンツがありました。そのアイディアとは「メディアブース」の設置です。

メディアブースとは何かというと、戸塚には戸塚をを中心に活躍するメディアが数社あります。その全てのメディアに宣伝の場としてブースを提供する代わりに戸塚ものづくり自慢展の宣伝を各メディアで行ってもらうというコンテンツです。

早速声掛けを始めると出展を快くOKしてもらえたのがエフエム戸塚、タウンニュース、はまれぽ.com、戸塚新聞の4社でした。どのメディアも本当に日々忙しくしている中、事前打ち合わせから各社の出展内容検討、確定、調整、当日まで大変ありがたかったです。エフエム戸塚さんでは特番を組んでくれて事前告知をさせてもらえたり他の各社も自らが出展することを伝えながらも戸塚ものづくり自慢展の宣伝をしてくれたりとメディア戦略としては狙い通りに行ったんですが、やはり人を引き付けるコンテンツが不足している部分が結果的には否めなかったのかも。各メディアの記事を見て「おっ!面白そう!行ってみよう!」となる部分が、Caneが通常お仕事でPRの仕事のお手伝いをする際にはできるだけ効果を高めるためにメディアに提供するコンテンツや伝えて欲しい言葉までを考えてあげますからうまく行っても行かなくてもCaneの責任でできるんだけど今回の場合は過去数年培った展示会にいきなりドロップキックもできないとの面もあり...

とにかく今回戸塚ものづくり自慢展に初めて関わらせてもらって今までやってきた功績とこれからこのイベント自体を戸塚泉栄工業会のスローガンでもあるモノづくりからヒトづくりそしてマチづくりへと繋げていけるように来年に向けて既に心はスタートさせているので次回の戸塚ものづくり自慢展にぜひともご期待ください!

戸塚ものづくり自慢展でメディアブースの説明をするCane北原
戸塚ものづくり自慢展でメディアブースの説明をするCane北原
戸塚ものづくり自慢展のノベルティ
戸塚ものづくり自慢展のノベルティ
ノベルティをもらってくれた小学生
ノベルティをもらってくれた小学生

戸塚泉栄工業会PRブース
戸塚泉栄工業会PRブース
ステージPRの様子
ステージPRの様子
戸塚ものづくり自慢展会場
戸塚ものづくり自慢展会場