ホームページ制作会社としての想い

ホームページ作りはプロに頼んでやってもらうのがベスト  

これって事業者にとってホームページ制作の正解だと思いますか?  

ホームページ制作会社としての想い

答えはYESです。  

ただし、条件が付きます。  

その条件とは「あなたが、あなたの事業の事を100%プロに伝えられるのであれば」です。今までたくさんのお客様と接してきた中で、100%ご自身の事業の事を伝えられた方はとても少ないです。事業者や経営者でしたらもちろん、本人の頭の中には事業の事が全て入っているし、想いもきちんと持っています。ところが、あなたの事業の事を全く知らない人に説明するときになると上手く伝えられません。我々ホームページ制作を行う側は「ホームページを作るプロ」ではありますが、最初から「あなたのホームページを作るプロ」にはなれないんです。特に今までにあまり触れ合う機会の無かった職種や業種のこととなると、知らない事ばかりです。あなたの事業の事をあまり知らずにホームページを作ってもいくらプロでも十分役に立つホームページは作れないんです。  

これはCaneからお客様へのお願いかもしれない。

あなたが100%ご自身の事業をわかりやすく説明できて、事業への想いもしっかりと伝えてくれれば、我々プロは知識や経験から「こんな見せ方はいかがでしょうか。」「こんな方法はいかがでしょうか。」と提案することができるんです。  

もしかしたら、「プロなんだから1言ったら10わからって欲しい」と考える方がいるかもしれません。そう考えた方はCaneにはホームページの制作は頼まないでください。我々は「成果の出るホームページ」を納品してお客様に喜んでもらえるホームページ制作会社を目指していますから、事業の事をしっかりと伝えてもらえないと成果も追及できない恐れがあり、ホームページができた後お客様に満足してもらえないかもしれませんから。  

我々もみなさんがご自身の事業の事を100%伝えることが難しいのは十分わかっています。そのためにヒアリングをさせてもらいます。こちらから聞きたい事を聞いてみなさんの事業を理解していきます。このヒアリングをとても大切にしています。もちろんご依頼いただいた以上、ヒアリングを細かくさせてもらうとはいえお客様にはできるだけ時間を取らせないようにも努めています。  

よくあるホームページづくり物語

ある程度の規模の会社でしたら、今の世の中はホームページが大切であってしっかりと目標設定をして、成果追求型のホームページを多少お金がかかっても作れるでしょう。ただ、起業したてであったり事業のステージがまだ序盤の企業の場合はコストを掛ける優先順位が、ホームページよりも他にある場合が多いです。しかも社内の全員が忙しい、そんな会社があるタイミングでホームページを作ろうと考え制作会社に声を掛けます。事業主や経営者が制作会社との打合せに出てくれればまだ良いですが、従業員が「君が担当」と言われて打合せに出てきたとします。さらに制作会社は事業の事を100%理解できない状態でホームページの制作を開始します。制作会社はホームページを作るプロですから、デザインや見た目でステキなホームページが完成して納品されました。この時事業主や経営者は「やっぱり頼んで良かった」「やっぱり作って良かった」と思います。ここからある程度時間が経過して誰かが気付きます、ウチってお問い合わせとか見積り依頼とか予約がホームページからは来ないなぁと。  

ある程度費用も掛けたし、ホームページを作りさえすれば頭の中に描いていた「ホームページの成果」が勝手に転がり込んでくると思ってたのにおかしい!  

これが、よくあるホームページ物語「ホームページなんて役に立たない」って思っちゃう篇です。(笑)  

ご自身で見出して欲しいホームページの成果

いま、ホームページは様々なテクノロジーの進化のおかげで、特別な知識やプロ並みの経験が無くても頑張ればツールを使って作れるようになりました。そのツールのひとつがCaneでもおすすめしているJimdoです。前述のよくあるホームページ物語のようにならないために「ホームページを持ちたい」と思った方はまず、Jimdoのように素人でもホームページを作れるツールを使ってホームページを作ってみるべきなんです。その時にはしっかりと次の事を踏まえながら。  

  • ホームページを使って達成させたい目標を決める
  • みなさんの事業の中にキラリと光る個性を載せる
  • 第3者が見てもあなたの事業がわかるように作る
  • アクセス解析を使って分析し検証する

 

冒頭ではホームページ作りはプロに任せるべきと書きましたが、最後の方では自分で作ってみろってどういうこと?と感じた方もいるかもしれませんが、プロに頼む前にご自身でホームページを作ってみることで色々な事がわかってきます。どれだけご自身の事業が世間で必要とされているのか、どんなことを載せれば閲覧者の反応が良いのかなど。それともうひとつ、これが一番我々Caneとしては大切にしたい部分でもあるんですが。自分でホームページを作って運営していくことにどれだけ頑張ってる人なのか。ものすごく頑張っている人は「本当にホームページで成果が欲しい人」と我々も認識します。そんな頑張ってる人からオファーをいただいたら「絶対成果の上がるホームページを作りたい」と自然に想うんです。もしかしたらこれが一番ホームページ成功の秘訣かもしれませんね。  

頑張った人が頑張った分だけ成果の出るホームページ作り。  

Caneの新しいキャッチコピーにしようかな。