横浜市戸塚区が2018年4月からハワイ州と姉妹都市提携を結ぶ


もうちょっとでハワイは日本になるとこだった過去

ハワイが独立国家ハワイ王国だったころの話、国王が横浜から入国して日本に「ハワイも日本に入れて欲しい」と話した過去があるというほど、日本とハワイ州の関係は深い。ハワイが好きな人にとってはその時の日本の対応と判断が正しければ今もパスポート無しで円が使えて国内旅行としてハワイ旅行が楽しめたのにと思ってしまう。


たった1人のハワイ好きのおかげで姉妹都市に

ある日、FMヨコハマで過去にハワイが日本になりそこなった話を聞いた1人の戸塚区民が、戸塚区民27万人に戸塚区とハワイ州を姉妹都市にしたいから協力して欲しいと署名を集めたところ27万人のほぼ全員が署名した。戸塚区はこの事実を知り、あらためて戸塚区として区民調査を実施したところ以下のような調査結果が出た。

横浜市に姉妹都市提携を報告する前に慎重な調査が行われた

戸塚区は、2017年度中の姉妹都市締結に向け横浜市に気付かれないよう秘密裏にハワイ州との交渉や調査を続け、ハワイ州と話がほぼ出来上がった状態で横浜市に姉妹都市になることを報告したという。戸塚区は横浜市の行政管轄で戸塚区自体には行政機能をほとんど持たず、予算も横浜市の予算で活動しているため戸塚区長も今回の件にはかなり慎重に事を進めたという。

横浜市としては既にいくつもの姉妹都市と提携している。サンディエゴ市(アメリカ)、リヨン市(フランス)、ムンバイ市(インド)、オデッサ市(ウクライナ)、バンクーバー市(カナダ)、マニラ市(フィリピン)、上海市(中国)、コンスタンツァ市(ルーマニア)

とはいえ、戸塚区が区単体として話し合いと調査を進めたことを評価して今回の締結を特例措置として市長が認めたという。

決め手は米軍通信隊跡地の空港建設

今回戸塚区が姉妹都市を決定させるために提案したのが、ハワイ州にある3つの空港と戸塚区を直接結ぶ直行便専用の空港を戸塚区内に建設するという点が、ハワイ州に高評価を得て締結にたどり着けた。ハワイ州はホノルル国際空港以外の2つの空港には今まで国際線の離発着が無かったが、戸塚から発着する便はいわゆるジャンボ機サイズでは無いため、ホノルル以外にも離発着ができるということでハワイ州の各島へ直接観光客を呼べることを大変期待しているという。戸塚に新たにできるハワイ州直行便専用の空港の名称は、戸塚区民による公募で決めるそうだ。


空港完成までは通常料金の半額で羽田発でハワイに行ける

戸塚に新たに作る空港の完成は2020年を目標にしている戸塚区としては、ハワイ州との姉妹都市提携が開始された2018年度より区民がハワイ州へ旅行に行く際には半額を区の予算で補助するという(申請が必要)。つまり戸塚区民はハワイ旅行がこの4月から半額で行けるようになる。

今後の課題も既に見えてきている

横浜市の特例措置、ハワイ州との好関係、区民の理解力の高さ、と良い話ばかりでは無い。先日、ある太平洋島観光会議においてグアム島のトップから日本政府に対して「特例措置とはいえ、我々グアムの方が近いのにハワイと手を組むのはいかがなものか」という遺憾の意を伝えられたそうで、横浜市選出議員で内閣官房長官の菅氏も顔をゆがめているという。

2020年完成予定の新空港の話も、戸塚区の財政で考えると国や県、市の援助を受けたとしてもたった4年で完成するのか、一部の建設関連会社への利益供与のための姉妹都市提携なのかという声も出ており、そもそも空港建設のためにの予算も整っていない。

4月から区民はハワイに遊びに行けるチャンスは増えたとはいえ、今後の展開には色々と課題も残された状況であるのは間違いない。

2018年4月1日

News April Fools' Day

ハワイ州と戸塚区が姉妹都市提携
JimdoCafe 戸塚
Nova de marche Yokohama

Cane事業部

(汲沢オートサービス)

〒245-0061

横浜市戸塚区汲沢6-39-5

TEL:045-949-0479

E-mail:info@cane.email